プロミスの借り方が凄い!便利にする10個のツール

プロミスでの借りる場所

プロミスで借入する前に、どこで借りることができるか紹介しましょう。全国にプロミスの店頭、ATM、提携ATMが設置されています。ほかにもネットで申し込める振込みサービス、電話にて申し込む方法があります。それぞれについて順番に紹介していきます。

 

・ プロミスの店頭
プロミスでは窓口が設置され相談から申し込みまで対応しているところは少なめのようです。都心部に設置されているため、駅から近い場所で利用することができます。どちらかというと自動契約機の数のほうが多くなっています。窓口は平日のみの営業で、10時〜18時くらいの営業の店舗が多いようです。

 

・ ATM
全国でも数が多いのが自動契約機です。地域によってはその地区で数台設置されているケースも多く、近くで利用しやすいのが特徴です。自動契約機では土日祝日も営業し、最大で22時くらいまでの営業時間となります。その場で直ぐ契約、カードを受け取り融資を受けることができます。

 

・ ATM
ATMは返済をしたり融資を受けるなどの利用専門です。契約はできない代わりに、最大で24時までと営業時間が長くなっています。早朝も営業しているため利便性が良いようです。提携ATMは三井住友銀行のATMやコンビニで利用できます。

プロミスの振込みキャッシング

プロミスでは指定の銀行口座へ融資金額を振り込んでもらえます。いつもお使いの銀行口座も指定することができ、三井住友銀行やジャパンネット銀行にも対応しています。それぞれの利用の仕方について詳しく紹介していきましょう。

 

・ 好きな口座へ振り込み
月曜日から金曜日までは24時間振込み受付をしていますが、実際に受付を受理するのは当日の9:30からとなります。9:30分以降なら受付完了から10秒ほどで振込みしてもらえますから、直ぐに融資金額が受け取れます。

 

平日の14:50以降になると翌営業日扱いとなるため注意しましょう。翌日が土日祝日になれば、数日振込みがずれ込みます。土日祝日も受付は24時間ですが、実際の対応は翌営業日の9:30からとなります。

 

・ 三井住友銀行、ジャパンネット銀行
どちらも即時振込みが可能となります。振込先をこのどちらかの銀行に指定すると、「瞬フリ」と呼ばれるサービスが利用できます。これは月曜日から金曜日、または土日祝日でも24時間受付です。更に受付完了から10秒程度で即時振り込みとなります。

 

銀行の休日やプロミスの営業時間にも影響されないサービスです。プロミスを利用して直ぐに振り込んでもらいたい方は、事前に三井住友銀行かジャパンネット銀行を開設しておくと良いでしょう。

 

大手の消費者金融を利用する? 

プロミスの利息計算方法

プロミスでは利用日数のみの利息計算方法を採用しています。例えば10日しか借り入れしていないのであれば、その日数のみの利息となるため早く返済したい方に便利です。
 
・ 利息の計算方法
利息=利用金額×借り入れ利率÷365日×利用日数
この計算式に当てはめると、実際に支払う利息を割り出すことができます。事前に何日くらいで返済できるか考えておき、利息がいくらになるか計算しておくとよいでしょう。

 

・ 10万円を30日で返済すると
上記の式に当てはめ、借り入れ利息が17.8%で計算すると、30日後に支払う利息は1,463円となります。10万円プラス1,463円を足した金額が支払額となります。

 

・ 借り入れは翌日から
計算に入れる日数は借り入れ当日は含めていません。翌日より計算に入れましょう。計算した場合1円未満は切り捨て、うるう年は366年で計算します。

 

・ 公式サイトの返済シュミレーションが便利
公式サイトには返済金額シュミレーションページが設置されています。実際に借り入れする金額を入れ、返済期間を入力するとおよその利息がわかります。返済早見表も掲載していますから、借入する前にチェックすることをおすすめします。

 

・ 10万円を32回払いにすると
10万円を32回払い毎月4,000円払いにすると合計で125,864円となります。月々の返済金額は少ないのですが、利息は25,864円かかることになります。

参照リンク

http://xn--now-p18dl55lngxv9k96dssib8n.com/・・・すぐ借りれる消費者金融一覧

プロミスの振込み名義は?

プロミスを利用して融資金額を銀行振り込みしてもらう場合、気になるのがその振込み名ではないでしょうか。家族に内緒にして借入している方もいるため、銀行振り込みは明細が残るから避けたい方もいるはずです。

 

・ プロミスは振り込み名が選べる
プロミスが利便性が良い理由として、銀行振り込み名義を選ぶことができる点です。「パルセンター」または「プロミス」から選ぶことができます。プロミスと記載されるのを避けたい方は違う名前を予め選択しておいてください。

 

・ 明細が気になるならATM
ご自分の銀行の通帳に明細が残るのを避けたいなら、ATMから引き出す方法を利用すれば良いでしょう。プロミスでは自動契約機やATMが多数設置されており、三井住友銀行のATMも利用することができます。家族にバレない借り方を希望する方はこのやり方をおすすめします。

 

・ 提携ATMはコンビニにも対応
ほとんどの地域ではコンビニが設置されているでしょう。プロミスではローソン、セブン銀行、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートなどにも対応しています。提携ATMの数も多くなっていますから、利便性が良くなっています。
 
・ 提携ATMは返済もOK
銀行の通帳に明細を残したくないなら、返済も提携ATMから行うと良いでしょう。コンビニATMなどで返済もすることができます。

 

大手の消費者金融を利用する?